Search This Blog

Friday

エリザベス1世の襞襟を知っていますか? / Antique Victorian Goffering Iron

英国アンティーク、ヴィクトリア時代のひだ飾り用アイロン台。
















変ったものを見つけました。


イングランド北部の街、ホテルで行われたアンティーク・フェア。

土砂降りの日、入場前からホテルの廊下に並んだメンバーはざっとみれば英国人9割、外国人1割。入場料は1ポンド、開場少し前に小学生くらいの男の子が列をまわり、入場料を集めているような、のんびりしたフェアでした。

ごくごく普通のホテル、その宴会場で行われたものでしたが、小規模ながらもなかなか凝ったディーラーが集っており、入った瞬間から「これはなにかありそう」という予感に満ちていました。

そこで見つけたのが、これ。

売り手は白髪に眼鏡のおばあ様。

「これは・・・何ですか?」
「これは、アイロン。古い、ヴィクトリア時代のもの。襟や袖の、フリルあるでしょう?」
ここで手をふりふり、首周りにやってみせてくれます。
「そのフリルをきれいにつくるために、メイドがこれでアイロンしてたの」


ああ・・・。
納得しました。

有名なところではエリザベス1世(1558-1603)。
彼女の肖像画でみかける、襞襟(ラッフル)のことです。


The Ermine Portrait of Elizabeth I of England circa 1585


彼女のような大きな襞襟は、16世紀半ば~17世紀前半のヨーロッパ諸国において、王侯貴族や富裕な市民の間でとても流行しました。
その後は大きな襞襟はそれほど流行らなくなりますが、少し形を変えながら、ヴィクトリア時代においても上手にアイロンをかけられた美しいひだ飾りの襟元や袖口を好む人々は多かったようですし、赤ちゃんのボンネット(帽子)にもひだ飾りを付けることが好まれたそうです。


私が白髪のおばあ様から買い付けたのは、そんなひだ飾りを整えるための「Goffering Iron/ゴッファリングアイロン」。これは「Poking-stick/ポーキングスティック」とペアで使用します。「ポーキングスティック」とは、細長い棒状のもので、先端に紡錘形の鉄の塊がついているもの。





まずゴッファリングアイロンをストーブの上、もしくは暖炉などで熱します。
十分に熱したのち、取り出して、そこにポーキングスティックを差し込みます。

ポーキングスティックが温まったら、とりだして紡錘形の部分を襞襟に差し込み、形を整えます。
時々またゴッファリングアイロンに差し込み、温めながら、襞襟のひだ部分、1個1個すべてをポーキングスティックを差し込み、整えていくのです。

・・・なんて手のかかる!
きっと裕福な家で雇われたメイドが、こつこつと奥様のために作業していたのではないでしょうか。


そんな風に使用されていたゴッファリングアイロン。

今回手に入れたのはゴッファリングアイロンのみではありますが、これだけでもものすごい存在感。

ポーキングスティックを差し込んでおけるように、ごく微妙な角度がついています。
なので、ペンスタンドなどにいかがでしょう。

ペンを差し込んでおけば、絶妙なセッティングで取り出しやすくキープしておくことができます。鉄製でずっしりと重いので、安定感も抜群。

例えばデスクやカウンターなど、ぱっとペンが必要な場所においてみたり。

安定感がありますので、ディスプレイ用としても最適。
レースなどを掛けて飾ってみるのも素敵です。
「これは、なに?」と気づいた人がいれば、そこから始まるエリザベス1世の襟の話。

思いがけないストーリーに、引き込まれるかどうなのか。
隠れたアンティーク好きを見分ける試金石のひとつとなってくれるかもしれません。


ヴィクトリアンの英国から来た、まさに用の美を体現したような、貴重な一品です。


◆England
◆推定製造年代:19世紀後半
◆素材:鉄
◆サイズ:土台直径約9.3cm 高さ約15.5cm 円筒形部分長さ約11cm
◆重量:434g
◆在庫数:1点のみ


【NOTE】
*古いお品物ですので、一部に小傷や汚れ、変色や錆、材のカケ等がみられます。詳細は画像にてご確認ください。
*画像の備品は付属しません。
*上記ご了承の上、お求めください。




アイテムのご購入はショップにてどうぞ。
こちらのバナーからご来店いただけます。

http://toddlowrey.com/?pid=136224991


Todd Lowrey Antiques
by d+A

幸運の透かし文様 / Antique Letter Rack with Quatrefoil Motief

英国アンティーク、真鍮の透かし文様が美しい小さなレターラック。










シンプルな構造ながらも、レターを支える部分の真鍮に美しい細工が施されているレターラックは、イングランド北東部の市で手に入れた物。


目を惹く真鍮細工をよくみれば、パルメットのような葉や帆立貝など囲まれて、丸い四つ葉のモチーフが透かし模様になっています。

これはフォイルと呼ばれる葉または花弁の文様。

ゴシック建築のトレーサリー(アーチ形の窓)の装飾によくみることができます。
三つ葉はトレ・フォイル、四つ葉はクワトレ・フォイル、葉の数が多くなるとマルチ・フォイルともいわれます。
特に四つ葉はその希少性と十字架に見えることから幸運の象徴とされてきました。
建築の装飾様式は家具や小物にも影響するところが多く、これもそのひとつなのではないでしょうか。

そんなクワトレ・フォイルが際立つ、英国アンティークのこぶりなレターラック。
それほど大きなものではございませんので、柱などに掛けて手軽にお使いいただけそうです。


日常使いにぜひ。
英国アンティークの味わい深いひとしなです。


◆England
◆推定製造年代:c.1930年代頃
◆素材:木・真鍮
◆サイズ:幅約9.5cm 奥行き約2cm 高さ約19.2cm
◆重量:131g
◆在庫数:1点のみ


【NOTE】
*古いお品物ですので、一部に小傷や汚れ、錆びや変色がみられます。詳細は画像にてご確認ください。
*画像の備品は付属しません。
*上記ご了承の上、お求めください。




アイテムのご購入はショップにてどうぞ。
こちらのバナーからご来店いただけます。

http://toddlowrey.com/?pid=136224434


Todd Lowrey Antiques
by d+A




Monday

スコットランドのダイハード / Vintage Door Knocker "SCOTTISH TERRIER"

英国ヴィンテージ、スコティッシュテリアを模したドアノッカー。












英国北部の街で手に入れた小さなドアノッカー。

スコティッシュテリアの姿が施されており、凛々しい顔立ちやピンと立った尻尾、流れるような毛並みが見事に再現されています。


スコティッシュテリアとは、スコットランド・ハイランド原産のテリアとしては最古のともいわれる犬種。愛称はスコッティ。

性格は非常に愛情深い半面、とても頑固。
気難しく、しつけが行き届かないと問題犬となってしまう場合がありますが、一方で少数の特定の相手に対して非常に深い愛情をそそぐことが知られています。

スコットランド貴族ダンバートン伯からは「ダイハード/diehard/最後まで抵抗する頑固者」というニックネームをつけられたほど。


このドアノッカーは、スコットランドのお土産物、もしくはスコティッシュテリア愛好家に向けてのコレクターズ・アイテムのようなものだったと思われます。同型で、もっと金色がかった真鍮製のものも生産されているようですが、今回ご紹介するものは、その質感と色からして古いブロンズ製でしょう。(参考/ 真鍮:銅と亜鉛の合金  ブロンズ:銅と錫の合金)

幅は5cm弱と、とても小さいながらも、見るほどにスコッティのいきいきした表情がとても魅力的に思えてくる小さな逸品。

実際にドアにつけてみるのはもちろん、壁掛けやペーパーウェイトなどにもご使用いただけます。


ハイランドの頑固者を1匹、貴方のおそばにいかがでしょうか。


◆England
◆推定製造年代:c.1930-1950年代頃
◆素材:金属(ブロンズ)
◆外箱サイズ:幅約4.5cm 奥行き約2cm 高さ約6cm
◆重量:66g
◆在庫数:1点のみ


【NOTE】
*古いお品物ですので、一部に小傷や汚れ、錆びや変色がみられます。詳細は画像にてご確認ください。
*画像の備品は付属しません。
*上記ご了承の上、お求めください。




アイテムのご購入はショップにてどうぞ。
こちらのバナーからご来店いただけます。

http://toddlowrey.com/?pid=136090857


Todd Lowrey Antiques
by d+A



私たちの働きは神の助けで成功する / Vintage Brass Table Bell "SHEFFIELD"

英国ヴィンテージ、シェフィールドのテーブルベル。


 









イングランド中部の工業都市、シェフィールド。

川にかこまれ水車動力がえられたことや、鉄鉱石と石炭が近郊で産出したことにより鉄鋼業で発展し、近隣のリーズやマンチェスターと並んで、産業革命以来英国工業の中心地として国の経済を支えてきました。1742年、銀メッキの技術がこの地で発明されたことでも有名で、英国スターリングシルバーのアセイオフィスのひとつがあることでも知られています。


そんなシェフィールドの紋章をもつテーブルベル。
材は真鍮で、紋章部分はエナメル仕上げとなっています。


紋章のシールドの上部には交差する12本の矢。
これはシェフィールドが1つの街となるまえから、その地方で有力だった豪族の紋章からきているといわれています。



また、シールドの下部には3つの束ねた稲穂が並んでいます。
SHEFFIELDの名前の由来は「Sheaf川のそばのフィールド」からきており、そこから稲穂の束がモチーフとして選ばれたという説があるようです。


また、このベルに記載はありませんが、シェフィールドのモットーは 「Deo Adjuvante Labor Proficit」。これは英訳すれば 「With God's help our labour is successful」となり、「私たちの働きは神の助けで成功する」という意味となります。



まさに経済を支え、働く人達の象徴のようなテーブルベルは、振れば高い音でよく響き、実用に十分ご使用いただける力強さをもっています。



こちらの動画からベルの音をご確認いただけます。





実用はもちろん、飾っておくだけでも絵になる英国ヴィンテージ・アイテムです。



◆England
◆推定製造年代:c.1950年代頃
◆素材:真鍮・他
◆サイズ:直径約6.4cm 高さ約11.3cm
◆重量:198g
◆在庫数:1点のみ


【NOTE】
*古いお品物ですので、一部に小傷や汚れ、錆びや変色がみられます。詳細は画像にてご確認ください。
*画像の備品は付属しません。
*上記ご了承の上、お求めください。




アイテムのご購入はショップにてどうぞ。
こちらのバナーからご来店いただけます。

http://toddlowrey.com/?pid=136090538


Todd Lowrey Antiques
by d+A

オーヴェルニュで最も高貴な街 / Vintage Book Style Wooden Box "CLERMONT FERRAND"

フランスの古都、クレルモン=フェランの紋章が入ったブック型小物入れ。


















 クレルモン=フェラン/CLERMONT FERRAND。


フランスの中央高地に位置する都市の一つであり、オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏、ピュイ=ド=ドーム県の県庁所在地である街。フランスの中でも最も古くからある街の一つといわれています。

もともとはクレルモンとモンフェランは別々の街でしたが、近世に入って、クレルモンとモンフェランの統合が進められました。1630年4月15日、二つの都市の合併を命じる勅令が発布されたが統合はなかなか進まず、両都市の完全で対等な統合がなされたのは20世紀に入ってからといわれています。


この小物入れには、そのクレルモン=フェランの紋章が施されています。紋章にはフルールドリスが使用されており、これはともとクレルモンがフランス王の直轄地であったためであると思われます。


クレルモン=フェランのモットーは「Arverna Civitas Nobilissima」。
これは英語では「The noblest Arverne city 」となり、「オーヴェルニュにおいて最も高貴な街」という意味となります。





おそらく、この小物入れはクレルモン=フェランの古いお土産物。昔、クレルモン=フェランを訪れた英国人が、旅行の記念にと求めたものかもしれません。


表紙の材はそれほど木目がたっていないので、ビーチ材でしょうか。
シックな色に塗られ、真鍮の金物とグリーンのレザー飾りが程よいアクセントとなっています。本の厚み部分は明るい色のオークで作られており、一部にはページの重なりのような溝も彫られています。


内部は名刺が余裕で入るサイズ。
名刺大のカード(55×91mm)をいれてみた画像がございますので、ご参考になさってください。

そのまま小物入れとしてご使用いただいてもよいですが、やはりお勧めは本棚に本と並べておくこと。

フランスの古都からやってきた、古い本の中に貴方の秘密をそっと忍ばせて・・・。
探偵小説に登場する人物のような気分に浸れること、請け合いです。


◆England買付/France
◆推定製造年代:c.1930-1950年代頃
◆素材:木(一部オーク、その他)
◆外寸サイズ:約9×13.3cm 厚み約1.8cm
◆内寸サイズ:約11.9×7cm 厚み約2.6cm
(蓋のでっぱりにより、内寸サイズより少し小さい物しか出し入れができません)
◆重量:239g
◆在庫数:1点のみ


【NOTE】
*古いお品物ですので、一部に小傷や汚れ、塗装の剥がれや錆、変色がみられます。詳細は画像にてご確認ください。
*特に蓋を安定して閉めておく機能(金物やマグネットなど)はございません。
*画像の備品は付属しません。
*上記ご了承の上、お求めください。




アイテムのご購入はショップにてどうぞ。
こちらのバナーからご来店いただけます。

http://toddlowrey.com/?pid=136089783


Todd Lowrey Antiques
by d+A