Search This Blog

Friday

心を乗せて揺らす寛ぎのひと時 / Vintage Miniature Brass Rocking Chair

英国のヴィンテージ、掌に乗るほどの小さなロッキングチェア。











暖炉の前。

オレンジ色の炎の前で、ゆらゆら揺れるロッキングチェアに座りながら、編み物をするおばあ様。はたまた、ロッキングチェアに揺られながら居眠りをするおじい様。

子どもの頃、淡い憧れと共にイメージした「西洋」のおうちの中は、そんなシーンで出来ていたように思います。


成長するにつれ、ロッキングチェアはけっこう大きくて、よほど広いおうちでないと置けないこと。縁側やサンルームなど、置いて絵になる場所は限られていること、などがわかってきて。

自分の生活の中には、ロッキングチェアはきっと置くことはないだろうと、半ば諦めかけている。


・・・と、私自身のことを書いてみましたが、皆様はいかがでしょうか。
「私もそう」と賛同していただける方は、少なくないのではないかと思うのです。


でも、この小さなロッキングチェアならば大丈夫。
幅はなんと4cm。スマートフォンほどの広さが在れば、十分ゆったりと置くことができます。


よく見れば、仕上げは中々に凝っています。
トップレイルのクレスティング。カーブしたひじ掛け、デザインされたストレッチャー(貫)。背中の凹凸はチェスターフィールドのようなボタン留めでしょうか。

古びた金色の真鍮は持ち重りがして、細かな仕上げをさらに味わい深くみせてくれます。
幅約4cmですので、12倍すれば48cm。1/12スケールののドールハウスにおいても、違和感はないと思われます。


そっと指で押せば、可愛らしくゆらゆらと揺れる、小さなロッキングチェア。
貴方の心を乗せて、寛ぎのひと時を是非どうぞ。


◆England
◆推定製造年代:c.1930-1950年代頃
◆素材:真鍮
◆サイズ:幅約4cm 奥行き約8cm 高さ約8cm
◆重量:118g
◆在庫数:1点のみ


【NOTE】
*古いお品物ですので、一部に小傷や汚れ、錆びや変色がみられます。詳細は画像にてご確認ください。
*画像の備品は付属しません。
*上記ご了承の上、お求めください。




アイテムのご購入はショップにてどうぞ。
こちらのバナーからご来店いただけます。

https://toddlowrey.com/?pid=144475853


Todd Lowrey Antiques
by d+A




ヴィクトリア時代の子供達から / Antique Victorian School Slate Board

英国アンティーク、ヴィクトリア時代の学校で使われていた石板。












例えば「赤毛のアン」。
カナダの作家L・M・モンゴメリが1908年に発表した作品。
物語の中で、アンの生まれた年は、明らかにされていませんが、おおよそ1880年代~1890年代前半といわれています。
舞台はカナダ。アンが学校で石板でギルバートの頭をたたき、石板が割れるシーンが印象的。



例えばジェーン・エア。
イングランドの作家シャーロット・ブロンテにより1847年発刊された作品。
(当時は男性名での発表でしたが)
舞台はヴィクトリアンの英国。
孤児のジェーン・エアが寄宿学校ローウッド学院で過ごすシーンのなかに、石板を手に計算問題に取り組む場面がでてきます。



この石板ってどんなものだろう。小さな黒板のようなものだろうか。
触ったことがないものだったので、不思議に思ったことを覚えています。


イングランドの大きなアンティークセンターのショーケースに、この「Victorian School Slate Board」を見つけた時、「あ、これだ」。
そう思いました。


日本語では石板、もしくは石版。
英語では Slate Board、ScoolPlateなどと呼ばれます。
粘板岩などを薄い板に加工して木の枠をつけたもので、主に学用品として低学年の生徒が文字や計算の練習用に用いたもの。
日本でも明治頃には小学校で使われていたといいます。


そんな石板。時代はヴィクトリア時代の古いものです。
手に入れたら、早速字を書きたくなりました。
日本でも工事現場用等で石筆を使うようですので、早速手配して石板に文字を書いてみました。


「カッカッ」・・・と小気味いい手応えで意外と書きやすく、微妙な凹凸が滑りにくいような感じがして、思わずいろいろな文字を書いてしまいました。書いた後は布で拭き取れば、元通り。



石板の周りの木材はエルム材(楡の木)。
丈夫で固く水にも強いため、木桶や雨どいなどにも使用されていた材です。
マホガニーなどのような高級材ではないのですが、独特の杢目をもち、ウィンザーチェアなど庶民の家具にも使われてきました。
歳月を経て丸みを帯びたエルムはしっとりと手に馴染み、とてもよい風景となって石板を囲んでおります。



フレームの1辺には穴があいています。
当時は紐を通して、壁に掛けていたのかもしれません。

メモ代わりに壁にかけてみるのはいかがでしょう。
「今日の予定」など日々更新するトピックスを書いてみたり。
楽しみ方はいかようにも。


どうそ貴方も、石板に石筆で字を書いてみてください。
ヴィクトリア時代の子供たちの手の感触を味わえる、貴重な体験を是非どうぞ。



◆England
◆推定製造年代:c.1890年代
◆素材:石・木(エルム)
◆サイズ:幅約19.3cm 高さ約24.2cm 厚み約0.8-1cm
◆重量:416g
◆在庫数:1点のみ


【NOTE】
*アンティークの石板に石筆を2本おつけしての販売です。石筆は現在のお品物です。
*石板は古いお品物ですので、一部に小傷や汚れ、変色、木枠部分にはワレやカケがみられます。詳細は画像にてご確認ください。
*石板は衝撃により割れる可能性がございますのでご注意ください。
*画像の備品は付属しません。
*上記ご了承の上、お求めください。




アイテムのご購入はショップにてどうぞ。
こちらのバナーからご来店いただけます。

https://toddlowrey.com/?pid=144474779


Todd Lowrey Antiques
by d+A



Wednesday

空気を揺らすリズミカルな響き / Antique Maelzel Metronome

ベートーヴェンも愛用したメルツェルのメトロノーム。



















英国北部の街で手に入れたのは古いメトロノーム。

すらりとした四角錐の幾何学的な美しさに思わず手にとり、カチ・・カチ・・と動くアナログなメカニックにすっかりやられてしまいました。


本体の木材は枯れた色合いのマホガニー材。
音をよく響かせるともいわれるマホガニーはスタインウェイのピアノなどにも使用される高級材です。

正面の蓋についたプレート中央には以下の文字がみられます。


METRONOME
DE
MAELZEL

(フランス語で以下の意味)
メルツェルのメトロノーム


そして周囲には以下の文字。

FRANCE
AMERIQUE
BELGIQUE
ANGLETERRE
HOLLANDE
PARIS

(フランス語で以下の意味)
フランス
アメリカ
ベルギー
英国
オランダ
パリ


そもそもメトロノームの始まりは、ドイツ出身のJohann Nepomuk Malzel/ヨハン・ネポムク・メルツェル(1772-1838)が1815年に特許を取得したもの。


今回ご紹介するメトロノームは、そのメルツェル/MAELZELの名を冠した、古いお品物です。



メルツェルは特許取得の翌年、1816年からパリで生産を始めます。
ベートーヴェン(1770-1827)を皮切りに、メトロノームは音楽にとってなくてはならない存在となってゆき、世界各国へと広まっていきます。

メルツェルのメトロノームは多くがこのような変形六角形のプレートで、最初の頃はシンプルに「メルツェルのメトロノーム」の文字が、そして後年は輸出用にと考慮されたであろう各国の名がプレート周囲にぐるりと配されたものが生産されます。今回ご紹介するタイプはその周囲の国名があるタイプ。

そして、底面には製造番号と思われるものと、手描きで恐らく「13/9/49」の文字がみられます。
恐らく手に入れた人がその日にちを描き込んだのではないでしょうか。1949年9月13日に。
このことから、推定製造年代は1940-1950年代頃、とさせていただきました。


小さな鉤爪を回して蓋をあければ、振子がついた面が現れます。
また、側面に拍子ベル音を設定するための棒がついており、引っ張ったり押したりすることで拍子ベルが鳴るようになっております。


以下の動画で動作状況をご確認いただけます。






オブジェとしてこのうえない存在感をもつアンティークのひとしな。

蓋を開けて振り子をゆらせば、70年近く前の人々も耳にしたであろうリズミカルな響きが、心地よく空気を揺らします。



◆England買付(製造はフランスと思われます)
◆推定製造年代:c.1940-50年代頃
◆素材:木・金属・他
◆サイズ:幅約11.1cm 奥行き約11.2cm 高さ約22cm
◆重量:520g
◆在庫数:1点のみ


【NOTE】
*古いお品物ですので、一部に小傷や汚れ、変色、材の割れ、カケ等がみられます。
*ゼンマイを巻くための鍵が付属しています。
*現在のところ動作しますが、正確にリズムを合わせる用途としてはお薦め出来ません。
*詳細は画像にてご確認ください。
*画像の備品は付属しません。
*上記ご了承の上、お求めください。



アイテムのご購入はショップにてどうぞ。
こちらのバナーからご来店いただけます。

https://toddlowrey.com/?pid=144444031


Todd Lowrey Antiques
by d+A




時計職人のための極小の小部屋 /Antique Watch Maker's Drawers

英国アンティーク、時計部品整理用の小さな抽斗。


















なんとも味わい深い表情をもつ木製抽斗は、全部で12棹。
小さなつまみをもって引き出せば、ごくごく小さな空間が現れて、思わず何度も出し入れをしてしまう愉しさです。

このように小さな引き出しをもつ収納は「Watch Maker's Drawers/時計職人の抽斗」とよばれ、その名の通り小さな部品などを納めていたと思われます。

天板部分はパタンと開くようになっていて、開ければまたも小さな仕切りが現れます。
この仕切りは簡単に外せるようになっていて、外して広い1つの空間としてお使いいただくことも可能。

面白いことに、このように仕切り板はほとんどが差し込むだけで成り立っていて、引き出し同士の仕切りも簡単に外すことができます。
用途に応じて色々な大きさにして使われていたのかもしれません。
引き出しの中敷きは革で、比較的最近手入れされたものと思われます。


現代では、例えばSDカードやUSBメモリ等をいれておいても良いかもしれません。
もちろん、アクセサリー用としても、DIYの部品整理用としても最適。

そしてなによりも、侘びた佇まいが最高に魅力的かと思いますが、いかがでしょうか?


◆England
◆推定製造年代:c.1930年代頃
◆素材:木(おそらくパイン)
◆全体サイズ:幅約25.4cm 奥行き約11cm(つまみ以外)高さ約9.1cm
◆引き出し一つの内寸:幅約4.5-4.7 奥行約8.5 深さ約1.2cm
◆在庫数:1点のみ


【NOTE】
*古いお品物ですので、多少の汚れや小傷などがみられます。詳細は画像にてご確認ください。
*現在のところ、向かって右から2列目の3棹は、少し出し入れがきつくなっております。湿度の関係で操作性が変わる可能性がありますことをご了承ください。
*画像の備品は付属しません。
*上記ご了承のうえ、お求めください。




アイテムのご購入はショップにてどうぞ。
こちらのバナーからご来店いただけます。

https://toddlowrey.com/?pid=144443875


Todd Lowrey Antiques
by d+A