Search This Blog

Saturday

霧の都から来た小さな石炭入れ / Vintage Miniature Brass CoalScuttle-1

英国ヴィンテージのミニチュア・コールスカットル。












コールスカットル/Coal Scuttleとは室内用の石炭入れのことで、コールバスケットとも呼ばれます。


電気やガスがなかった時代からは少なくなったとはいえ、現代でも暖炉をもつ家が多い英国では、とてもよくみかけるアイテム。特にアンティークやヴィンテージのコールスカットルは、インテリアのディスプレイ用としても重宝されています。

ころんと丸い形のものや、本当にバケツのような形のものなど、様々な形がありますが、「持ち手と注ぎ口がある」ことが大きな特徴です。
(ブリキの容器を木箱や家具にいれ、シャベルで掻き出す高級タイプもありますが)


今回ご紹介するコールスカットルはとても小さなミニチュア版。
「持ち手と注ぎ口」をそのまま形にしたような紡錘形のフォルムは、コールスカットルとしては、とても一般的なもの。
ただ、手のひらにのるほど小さい、というのが大きな特徴です。


もちろんコールスカットルとしての機能を求められたわけではなく、愛玩用として作られたものでしょう。


鈍い金色の光をもつ真鍮製で、歳月を経た風合いが魅力的な輝きをもっています。


使い方のおすすめとしてはペンスタンド。
手持ちのペンを立てた画像をアップしておりますので、ご参考になさってください。
底が広い安定感抜群のフォルムは、フラワーアレンジメントや小物入れにも便利にご使用いただけます。


余談ではございますが、ここで英語の言い回しをひとつご紹介いたします。

Don't carry coals to Newcastle.
「ニューカッスルに石炭を運んで行くな」→無駄なことはするな。

ニューカッスルとはイングランド北東部にある都市、ニューカッスル・アポン・タイン/Newcastle upon Tyneのこと。
かつて英国内有数の石炭産地だったことから、そこへ石炭を運ぶなんて無駄なことはするな、という意味で利用される慣用表現です。



産業革命以降、すごいいきおいで石炭を消費してきた英国。
その名残が、そこここに残っていることを感じながら、英国アンティークの小さな小さなひとしなを愛でてみてはいかがでしょうか。



◆England
◆推定製造年代:c.1930-1950年代頃
◆素材:真鍮
◆サイズ:直径幅約4.6cm 高さ約9.1cm
◆重量:84g
◆在庫数:1点のみ


【NOTE】
*古いお品物ですので、一部に小傷や汚れ、凹み、錆びや変色がみられます。詳細は画像にてご確認ください。
*画像の備品は付属しません。
*上記ご了承の上、お求めください。




アイテムのご購入はショップにてどうぞ。
こちらのバナーからご来店いただけます。

http://toddlowrey.com/?pid=140293694


Todd Lowrey Antiques
by d+A




Friday

名勝負の果てに / Antique Staunton Chess Set to T.S.R

英国アンティーク、スタントンスタイルのチェス駒セット。


















赤みがかった木の箱が印象的な、チェス駒セット。

スライド式の蓋をあければ、仕切りの中に艶めく32ピースのチェスメンが現れます。



「Staunton/スタントン」とは、この駒のスタイルのこと。
これは現在も公式に使われている駒の形で、第一回ロンドン国際大会・1851年から使われています。

それまではまちまちの形をしたチェス駒が使われて、よく問題が起こっていたそうです。
この駒の形に決めたのが、当時世界最強プレイヤーといわれていた英国人Howard Staunton/ハワード・スタントン(1810-1874)。

それ以来、このようなスタイル・形をスタントンスタイルとよぶようになりました。




今回ご紹介するチェスメンは、このスタントンスタイルのもの。

底にはフェルトが貼られた大きめの駒は、キングの高さが約7.3cm。
艶めく木肌の駒たちは、オブジェとしても十分な存在感を持っています。


セットされた箱の材は蓋と側板がオーク。底板は松系の軽い材。
少し珍しい色味で塗装された木箱は、蓋のワレや押さえ縁の欠けなど若干の傷みはみられますが、しっかりとしたほぞ組で作られており、まだまだ実用にお使いいただけるクオリティです。


そしてもうひとつ、このチェス駒セットを特別なものにしているのは、蓋裏のサイン。
ハンドライティングなので読めない箇所も多いのですが、このように書いてあると思います。

To: T.S.R
from: Gals(?)

Im appreciative of ? ? good games
 Feb(?) '07


これはきっと、Gals(?)氏からT.S.R氏に、1907年2月、よいゲームの記念に贈られたものなのではないでしょうか。

両氏の対局はどんなものだったのでしょう。
時はエドワード7世の治世。
第一次大戦前、最後の古き良き時代ともいわれるエドワーディアンのお屋敷で、時を忘れてチェスに興じる二人の紳士が思い浮かびます。

勝敗が決したのち、お互いを讃えるなかで、使用した駒を記念に贈らずにはいられないほどの名勝負。想い出のサインと共に・・・。



そんなストーリーが紡ぎ出される、1箱のチェス駒セット。
貴方もぜひ、このチェスメンを使って、記憶に残る名勝負をご体験ください。



◆England
◆推定製造年代:c.1900年代
◆素材:木
◆外箱サイズ:幅約12cm 奥行き約20cm 高さ約8.5cm
◆キング駒サイズ:高さ約7.3cm 直径約3.3cm
◆ポーン駒サイズ:高さ約4.5cm 直径約2.5cm
◆重量:694g(駒をすべて入れた箱の重量)
◆在庫数:1セットのみ


【NOTE】
*チェス駒32ピースと外箱1点、セットでのお品物です。
*チェスボードは付属しません。(画像のチェスボードは参考用です。)
*古いお品物ですので、一部に小傷や汚れ、変色、材のワレ等がみられます。詳細は画像にてご確認ください。
*画像の備品は付属しません。
*上記ご了承の上、お求めください。




アイテムのご購入はショップにてどうぞ。
こちらのバナーからご来店いただけます。

http://toddlowrey.com/?pid=140269466


Todd Lowrey Antiques
by d+A

明かりを灯す芸術作品 / Antique Brass Table Lamp & Shade

優雅な空間を演出する、英国アンティークの傑作テーブルランプ。














アンティークのなかでも、ランプはどこか特別な存在。

明かりを灯した瞬間に、それまでとはまた異なる表情にいつも驚かされてしまうからかもしれません。

今回ご紹介するテーブルランプも、そのひとつといえるでしょう。


ずっしりと重い真鍮の支柱に施された見事な彫刻は、その芸術的な造形で見る者の心をとらえます。足元は積み重なる葉で表現され、三本足それぞれのアーチ部分には可愛らしいどんぐりが実っています。どんぐりはそこから巨大なオークの木が育つため、古来から生命の象徴として愛されてきました。

そこからすらりと伸びた支柱には細かなフルーティングが施され、まるで摘み取れそうな立体的な蔓葉が巻き付き、神殿のような荘厳さをみせています。


セットしたシェードは、英国から取り寄せた現行品。
日本でも沢山のシェードが販売されていますが、シンプルなフォルムのもの、ベージュ色のもの等オーソドックスなタイプがほとんどです。

見事な彫刻をもつテーブルランプには、もう少し凝った表情のシェードが似合うのではないかと思い、くすんだグレーパープルのファブリックの布シェードをオーダーいたしました。

明かりを灯せば、鈍い光を放つ金色の彫刻と、貴婦人のスカートのような華麗なシェードから漏れる光にエドワーディアンのお屋敷のワンコーナーのような雰囲気が漂います。

貴婦人の衣擦れが聞こえてきそうな夜長となりそうです。



◆England
◆推定製造年代:テーブルランプテーブルランプ/本体1920-30年代 シェード/現行品
◆素材:真鍮・金属・布
◆テーブルランプ本体サイズ:幅約13cm 奥行き約12cm 高さ約32cm
◆シェードのみサイズ:直径約20cm 高さ約14cm
◆シェード、テーブルランプ・セット時サイズ:高さ約39cm
◆テーブルランプ本体重量:約1.05kg
◆在庫数:1点のみ(シェード、テーブルランプ、セットでの販売です)


◆テーブルランプのみの販売にも対応いたします。「この商品について問い合わせる」からご連絡ください。
◆シェードのみの販売は行っておりません。


【照明に関してのご注意】
◆使用電球:口金B22(ピン式) 消費電力40Wまで。電球は付属しません。
◆口金B22(ピン式)は東急ハンズや日本のネットショップで手に入れることが出来ます。ご希望であればご案内いたします。
◆買い付け当時はコードは古いもので、途中で切られていましたが、日本の専門業者に依頼して、安全なコード(コンセントつき)にお取替えいたしました。
◆ソケット及びスイッチは買い付け当時の物ですが、安全を確認しております。
◆コードは約2mございます。
◆長く点灯しておくとシェードやソケット部分は熱くなります。お取り扱いには十分ご注意ください。


【NOTE】
*古いお品物ですので、一部に小傷や汚れ、錆びや変色がみられます。詳細は画像にてご確認ください。
*画像の備品は付属しません。
*上記ご了承の上、お求めください。




アイテムのご購入はショップにてどうぞ。
こちらのバナーからご来店いただけます。

http://toddlowrey.com/?pid=140269123


Todd Lowrey Antiques
by d+A



荒涼たるデボンシャーの岩山から / Antique Print "THE VALLEY OF ROCKS"with Vintage Frame

Thomas Allom 原画、 J. Lowreyによるアンティークプリント。











なんとも寂し気な、そして迫力あるアンティークプリントを手に入れました。


迫りくる岩山と垂れこめた雲の元、羊の群れとそれを追う羊飼いが儚げで、いかにも英国の荒れ地を感じさせる荒涼とした雰囲気がなんとも魅力的な作品。


よく見れば、作品の下部には作家名やタイトルなどが記されています。

まず、絵の左下の「T.Allom」とは「Thomas Allom/1804-1872」のこと。
「Thomas Allom」はロンドン出身の建築家・画家であり、教会建築などに関わりつつ多くの風景画を残したことで知られています。

絵の右下の「J. Lowrey」とは Engraver/彫刻士である「Joseph Wilson Lowry/1803-1879」のこと。


そして中央下部の「Fisher, Son & Co.,」とは、ロンドンで1828-1847の間、営業していた出版元。肖像画や風景画などの版画を多く扱っており、その作品は現在でも英国の美術館などで保管されています。


つまりこの版画は、「Thomas Allom」の原画をもとに「Joseph Wilson Lowry」が版を彫刻し、1831年に「Fisher, Son & Co.,」が出版した作品であることがわかります。



タイトルの「THE VALLEY OF ROCKS, NEAR LINTON, DEVONSHIRE」とは、ブリテン島の南西、デボンシャーの海岸にある場所のこと。

ブリストル海峡望む岩山と海岸は、その風景から、昔からちょっとした観光名所になっているようです。(たぶん、英国のなかだけだと思うのですが・・・)


色合いがかなり彩度が低い物になっていますが、これは恐らく長年飾られて退色したせいかと思われます。ただ、それがかえってこの作品のもつ凄みを増す効果をもたらしています。フレーミングは後年に行われたものと思われますが、丁寧にマットが使われ、作品の雰囲気によく合っているのではないでしょうか。




寂しく荒涼として、でもどこか気高い雰囲気をもつ、英国アンティーク・プリントの佳品。

お傍において、岩山からブリストル海峡を渡る風を想像してみてはいかがでしょうか。



◆England
◆推定製造年代:オリジナルc.1830年代 フレームc.1950年代頃
◆素材:紙・木・ガラス・他
◆外枠サイズ:幅約26.2cm 高さ約21.3cm 厚み約1.5cm+吊り金具
◆重量:511g
◆在庫数:1点のみ


【NOTE】
*古いお品物ですので、フレームには小傷や汚れ、アタリ、材の欠けが、作品には変色がみられます。詳細は画像にてご確認ください。
*画像の備品は付属しません。
*上記ご了承の上、お求めください。




アイテムのご購入はショップにてどうぞ。
こちらのバナーからご来店いただけます。

http://toddlowrey.com/?pid=140268858


Todd Lowrey Antiques
by d+A