Search This Blog

Monday

いったん入れたらもう出てこない / Antique Brass Pillar Box Money Bank

英国アンティーク・ピラーボックスの形の貯金箱。


 









「Pillar box/ピラーボックス」とは、郵便物を投函する、自立式の屋外ポストボックスのこと。

英国が始まりといわれており、基本はキャストアイアンでつくられた赤いものがベースとなっています。

円柱や楕円柱、八角形や四角形など様々なバリエーションがあり、英国では歴代のピラーボックスを展示した博物館もあり、世代を超えて愛されている存在です。


今回ご紹介する貯金箱は、そのピラーボックスを模したもの。

ずっしりと重い真鍮に、無垢のマホガニーでできた台座がついています。

フォルムは傘のような屋根が可愛らしいタイプで、単純化されているので断言はできませんが、ジョージ5世(1865-1936)頃のデザインによく似ています。


スリットは大きめで、日本の500円玉が余裕で入ります。

折りたたんだお札も軽く入れられるのですが・・・ご注意ください!実は、この貯金箱は開け口がありません。下の台座を外せば、開口部があるのかな、と思って外してみれば、そこは真鍮でできたがっしりとした底面が現れます。

つまり、いったんなかにいれたコインをだすためには、入り口のスリットに細長い厚紙などをいれ、工夫しながら出すしかありません。(子供の頃、そんなことしませんでしたか?)なので、お札をいれてしまったら、出すことはかなり難しいと思われます。

だから、スリットは少し大きめなのかもしれません・・・?



お金をいれるときは、不退転の決意で。
もうこの小さなポストにあげるくらいの気持ちでいれてください。


そうしてあげてもいいくらいの、健気で可愛らしい存在感をもつ英国アンティーク・ポスト貯金箱。

あなたのそばで、ずっとずっと、立っていてくれることでしょう。



◆England
◆推定製造年代:c.1930年代頃
◆素材:真鍮・木(マホガニー)
◆外箱サイズ:直径約7cm 高さ約15cm
◆重量:389g
◆在庫数:1点のみ


【NOTE】
*古いお品物ですので、一部に小傷や汚れ、変色がみられます。詳細は画像にてご確認ください。
*中にいれたコインをだすためには、入り口のスリットに細長い厚紙などをいれ、工夫しながら出す必要がございます。
*お札を入れた場合、取り出すことは難しいと思います。
*画像の備品は付属しません。
*上記ご了承の上、お求めください。




アイテムのご購入はショップにてどうぞ。
こちらのバナーからご来店いただけます。

http://toddlowrey.com/?pid=134238277


Todd Lowrey Antiques
by d+A



ふたつの太陽に想いをこめて / Antique Wood Caving Globe Box

緻密なカーヴィングが美しいドイツのグローブボックス。

















英国で買い付けたグローブボックス。

ドイツの古い物、というふれこみで手にとってみれば、確かにイングランドのテイストとは若干異なる緻密な意匠に、たちまち心を奪われてしまいました。


ひたすら細かく精緻に彫られた美しい蓋。どこか象徴的な2つの円形文様。それらを囲むように、可憐な花々と幾何学的なパターンが緻密に彫られた様は、まるでひとつの小宇宙のようです。


これらはいったいどんな意味がこめられているのでしょうか。


向かって左側には渦巻きのようなパターン。
日本の四つ巴紋にも似たパターンで、ラウブル(バスク十字)にも似ている文様となっています。

日本の巴紋は神社仏閣に多く用いられる紋であり、水の流れを象徴した紋ともいわれています。また、バスク十字はバスク地方はもちろんケルト人やゲルマン人のような他のヨーロッパの民族の芸術的表現において多く見られてきました。キリスト教以前からの古いシンボルであり、太陽を表すとも、人の一生の流れを表すのだともいわれてきた文様です。



また、向かって右側の放射状の円形は、太陽の光条を表すロゼットのようです。

ロゼットとは、中央から放射線状に広がる円形装飾。「バラ花型」と訳されますが、どちらかというと日本の菊のような形をしているものが多いようです。メソポタミヤや古代ギリシアからみられる古い文様で、一種の太陽マークとして、建築のレリーフや陶器に装飾されてきました。



そんな2つの文様を並べたのは、どんな意味があるのでしょうか。

私見ではありますが、これは「ふたつの太陽」を表しているような気がします。
右のロゼットはもちろん太陽。左の四つ巴紋≒バスク十字も太陽。

ただ、ロゼットはまさに天体の太陽を象徴するのに対し、四つ巴紋≒バスク十字は「太陽のような存在」という意味なのかもしれません。



19世紀、貴婦人は手袋をつけるのが習慣でした。
日々使う手袋を仕舞うグローブボックスは貴婦人にとってはなくてはならないアイテムのひとつだったといわれています。


「あなたは私にとってまさに太陽のような存在。空にかかる太陽と同じくらい、大切なのです」・・・そんな言葉と共に、大切な人へと贈った品物なのかもしれません。




そんな歴史を秘めたグローブボックスは、現代の生活でも、小物を仕舞っておくのにとても便利にお使いいただける小箱。

細長いので、定規やペンなどを仕舞っておくのに最適なサイズ。
腕時計を入れておくのにも良いかもしれません。


遥か遠い場所と時間を超えてきた古く美しい木箱は、そこに込められたメッセージとともに、私たちを魅了してやみません。

ぜひお手元で、その神秘的な美しさをご堪能ください。



◆Germany(England買い付け)
◆推定製造年代:c.1900年代
◆素材:木
◆外寸:幅約40.5cm 奥行き約13.8cm 高さ約7.5cm
◆内寸:幅約36.6cm 奥行き約10cm 高さ約5.5cm
◆重量:897g
◆在庫数:1点のみ


【NOTE】
*古いお品物ですので、一部に小傷や汚れ、変色、わずかな材のカケ等がみられます。詳細は画像にてご確認ください。
*画像の備品は付属しません。
*上記ご了承の上、お求めください。




アイテムのご購入はショップにてどうぞ。
こちらのバナーからご来店いただけます。

http://toddlowrey.com/?pid=134237772


Todd Lowrey Antiques
by d+A



疲れ果てた旅人たちへ / Antique Print by GEORGE BARRETT Jr with Vintage Frame


19世紀の画家ジョージ・バレット・ジュニアによる作品を版画に仕立てた、風情あるアートフレーム。












しっかりとしたウッドフレームに納められた、風情あるアンティーク・プリントは、そこに在るだけで19世紀英国の空気が感じられるような一品です。


どんな由来のある作品なのでしょうか。


まず注目したいのは画面中央下部の文字。

WEARY TRAVELLERS - GEORGE BARRETT Jun

右下には以下の文字がみられます。
Vincent Brooks Day & Son



GEORGE BARRETT Jun(Jr)/ジョージ・バレット・ジュニア(1767-1842)とは英国のランドスケープ・アーティスト。父親はアイルランドの著名な画家、GEORGE BARRETT Sr/ジョージ・バレット・シニア(c.1730-1784)です。父親に絵の手ほどきをうけたジョージ・バレット・ジュニアは、イングランドのロイヤルアカデミーで展覧会を開くなどして活躍していました。

この版画は、そんな彼の作品を版画に摺り上げたもの。オリジナルは1820-1830年代頃に描かれ、版画自体は19世紀後半、フレーミングは1950年代頃と思われます。


また、Vincent Brooks Day & Son とは1867年創業、ロンドンに本店をおいていた大手のリトグラフ制作会社のこと。ヴァニティ・フェア(1868-1914に英国で発刊されていた雑誌。現在のアメリカの週刊誌とは異なります)において、眼玉企画というべき、著名人を取り上げたカリカチュア(風刺画)を多色刷りリトグラフで製作していたことでも有名な会社です。



そして「WEARY TRAVELLERS」は作品のタイトル。日本語に訳せば「疲れ果てた旅人たち」となります。



道端の丸太に腰掛けた夫婦。
よくみれば、妻の腕の中には幼子が眠っています。
夫の足元にはまだあどけない少年と、主人家族への忠誠を誓った一匹の犬。

ほの暗い森を抜けたはるか先には、淡い光につつまれた数軒の建物があります。

4人と1匹はそこへ向かう途中なのでしょうか。
疲れ果てた彼らは、いつ歩き出すことができるのでしょうか。


暗いタイトルながら、はるか先の淡い光をみていると、そこはかとない希望が湧き上がってくるような、味わい深い作品。


フレームはやや明るめの色の木製。
しっかりとモールディングで取り囲まれ、なかなか良いフレームのように思います。
マットは表情のあるゴールド。
暗くなりがちな作品を、品よく色彩豊かに演出しています。


人生という旅にちょっと疲れた時。

画面の中の彼らとともに一休みしながら、淡い希望の光につつまれた目的地へ想いを馳せてみるのはいかがでしょうか。



◆England
◆推定製造年代:オリジナルc.1830-1840年代 版画19世後半 フレームc.1950年代頃
◆素材:紙・木・ガラス・他
◆外箱サイズ:幅約31.6cm 奥行き約1.8cm 高さ約26.7cm
◆重量:660g
◆在庫数:1点のみ


【NOTE】
*古いお品物ですので、フレームには小傷や汚れ、アタリ、材の離れが、作品には変色がみられます。詳細は画像にてご確認ください。
*画像の備品は付属しません。
*上記ご了承の上、お求めください。




アイテムのご購入はショップにてどうぞ。
こちらのバナーからご来店いただけます。

http://toddlowrey.com/?pid=134237529


Todd Lowrey Antiques
by d+A



馬を愛し、ワインを愛する日々のために / Vintage Bottle Carrier Horse Harness Motif

英国ヴィンテージのボトルキャリア。














英国の東部の街で、珍しいフォルムのボトルキャリアを手に入れました。


持ち手を中心に、ワインボトルがちょうど二本立てられる構造。
一般のボトルキャリアはもっとシンプルな形状ですが、今回ご紹介するものは変わったデザインが特徴です。


側面についた銀色のリングに、革ベルトを模したフラットな金属がぐるりと周囲を支えています。縫い目や折り返しなどもあるため、一見本物の皮ベルトのようですが、触ればがっしりと固い金属でできていることがわかります。

この部分のモチーフはおそらくHorse Harness-馬具でしょう。


底部は籐を編んだようなパターンがついていますが、これも金属製。持ち手の支柱には節のようなデザインがあり、竹をイメージしているのかもしれません。
塗装がされているためはっきりとはわかりませんが、茶色い部分は真鍮のような気がします。


籐を編んだ底、竹の持ち手、馬具を利用した革ベルトを再利用した、ボトルキャリア・・・。そんなイメージでデザインし、金属で制作したのではないでしょうか。



馬をこよなく愛する英国人。
ピクニックに持っていくボトルキャリアも、馬に由来するものにしたかったくらい、馬好きな人がオーダーしたのかもしれません。


ワインボトルを入れてディスプレイすればとても印象的なワンポイントに。
植物やドライフラワーを飾っていただいても素敵な、雰囲気溢れる英国ヴィンテージ・アイテムです。



◆England
◆推定製造年代:c.1950年代
◆素材:金属
◆サイズ:幅約23.5cm 奥行き約12.8cm ハンドル高さ約37cm ボトルを入れる部分高さ約16cm
◆重量:970g
◆在庫数:1点のみ


【NOTE】
*古いお品物ですので、一部に小傷や汚れ、変色、傷みがみられます。
*ハンドルは少し傾いています。この状態で固定されていますのでご使用に支障はございません。詳細は画像にてご確認ください。
*画像の備品は付属しません。
*上記ご了承の上、お求めください。




アイテムのご購入はショップにてどうぞ。
こちらのバナーからご来店いただけます。

http://toddlowrey.com/?pid=134237320


Todd Lowrey Antiques
by d+A