Search This Blog

Wednesday

封蝋をするためのヴィクトリアンのツール/ Antique Victorian Ebony Handle Sealing Stamp

 英国アンティーク、シーリングスタンプ。












シールングスタンプとは手紙などの封蝋をするための道具のこと。


熱で溶かした封蝋にスタンプで署名を刻印する際や、契約書などの署名の一部として使っていました。


かつては日本の印鑑のように非常にオフィシャルなものでしたが、時代が下がるにしたがってもう少し気軽に使うものとなってきたように思います。個人を特定するという意味で、基本的には本人のイニシアルを元とした2文字もしくは3文字のモノグラムがあしらわれてきましたが、近年では1文字のみのものも使われています。


さて、今回ご紹介する英国で手に入れたシーリングスタンプは、印面に2文字のモノグラムがあしらわれたお品物。文字は「HとP」かと思われます。

実際に封蝋に押してみましたのでご確認ください。ワックスはゴールドとブラックがミックスされたものを使用しています。ネットや大手雑貨店文具店で手に入れることが出来ます。


持ち手は「Ebony/エボニー/黒檀」。ヨーロッパで自生しない黒檀は、とても珍重された材のひとつです。硬く重く黒く、大きなものでは家具類や、小さな物ではデスク周りや化粧台小物などに使われてきた高級材。黒檀風の塗装(エボナイズド)の品物も沢山ありますが、良い物はやはり本物の黒檀を使っています。小さめながらもずっしり重く、ふっくらとしたデザインのハンドルはきめが細かく滑らかで、高級材ならではの質感をご堪能いただけます。


また、印面部分は真鍮製となっています。時代的にはおそらく19世紀後半、ヴィクトリア時代のものと推測いたします。


日本人の本名で「P」がイニシャルの方は恐らくいらっしゃらないかとは思いますが、「H」だけでも合えば「Prince/Princess」「Power」などと組み合わせて考えるのも楽しいかもしれません。もちろん違うイニシアルの方も、古き良き文房具コレクションの一端として愛していただけることと思います。


実際に作業してみると、ワックスを溶かし、紙面に落とし固まらないうちにスタンプをぎゅっと押す行為は、少々コツが必要でなかなか手がかかります。それだけ重要な行為であったと納得しつつ、当時の作業を体験できる興味深さはなかなか得難いもの。


エボニーハンドルの手触りと共に、英国ヴィクトリアンの追体験をお愉しみください。




◆England

◆推定製造年代:c.1870-1890年代頃

◆素材:真鍮・エボニー(黒檀)

◆サイズ:長さ約8.1cm 直径約2.8m シール面直径約1.7cm

◆重量:67g

◆在庫数:1点のみ



【NOTE】

*古いお品物ですので、一部に小傷や汚れ、変色がみられます。詳細は画像にてご確認ください。

*画像の備品は付属しません。

*上記ご了承の上、お求めください。






アイテムのご購入はショップにてどうぞ。

こちらのバナーからご来店いただけます。

Todd Lowrey Antiques

by d+A


興味深く古いレンズはいかがでしょう/Antique Magnifying Glass possibly Eye Glass?

 英国アンティーク、ドーム型に嵌められた小さなレンズ。












英国のマーケットで手に入れた小さなピース。


ドーム状のブロンズもしくは真鍮製の凸部にレンズが嵌めこまれております。販売していたディーラー曰く「これが何かの一部であったのか、それともこれ単体で成立していた物なのかさっぱりわからない。でも古い。」


そんな曖昧な情報しかありませんでしたらが、不思議と心惹かれ手に入れてしまいました。パーツにネジ穴や窪み等はないため、何かの一部であった可能性は低いと思います。これ単体で成立していた物として一番考えられるのは「EYE GLASS/アイグラス」でしょうか。


時計職人やジュエラーが使う、片目の窪みに嵌めて使うレンズです。試しに嵌めてみようとしましたが、私及び私周囲の人間で上手く嵌る人はいませんでした。ただ、かなり彫が深い顔立ちで、ちょうど良いサイズを窪みをお持ちの人なら上手く嵌るのかもしれません。


嵌めたつもりで目を覆うようにしてみてみれば、周囲が金属のため視界は暗くなり、レンズ部分のみから光がはいるため、とてもよく見えます。



レンズコレクターの方へ。

もしくは深い眼窩をお持ちの方へ。

興味深く古いレンズはいかがでしょうか。




◆England

◆推定製造年代:c.19世紀

◆素材:ブロンズもしくは真鍮、ガラス

◆サイズ:直径約4.2cm高さ約1.8cm

◆重量:32g

◆在庫数:1点のみ



【NOTE】

*古いお品物ですので、一部に小傷や汚れ、変色がみられます。詳細は画像にてご確認ください。

*画像の備品は付属しません。

*上記ご了承の上、お求めください。





アイテムのご購入はショップにてどうぞ。

こちらのバナーからご来店いただけます。



Todd Lowrey Antiques

by d+A


鉄の小箱に刻まれた矢印 / Antique Metal Box with Broad Arrow

 英国アンティーク、金属製の箱。





















ロンドンより1時間ほど北に向かった、郊外の小さな街。そこで行なわれていた小さなアンティークマーケットで手に入れた箱のご紹介です。


その紳士のストールは、ミニカーや軍のキャップバッジ、古いカタログなどいかにも男性が好みそうな品物で溢れていました。そこで私が気になったのが、キャップバッジが入っていた黒い箱。


「これは売りものですか?」

聞いてみたところ、紳士は快く大胆に中の品物をその辺りにぶちまけ、箱を見せてくれました。

「英国軍のものだね。ブロードアローがついている。第二次大戦前から大戦頃のものだと思う」


 「Broad Arrow/ブロードアロー」とは、もともとはヨーロッパにおいて紋章としてつかわれていた「pheon/小槍」などが元といわれており、17世紀末頃から英国の官有物にマークとしてつけられるようになりました。


主として軍用でしたが、他の用途にも使われることがあったようです。植民地時代のアメリカやオーストラリアにおいても同様で、軍や官庁などのサーベイマーカーとしての使用がみられます。英国において、機器や備品関係などにこのブロードアローがついているものがあれば、まずは英国軍のもの、あるいは英国政府の財産であった可能性が高いといえるでしょう。



手に取ってよく見れば、意外にも持ち重りがするしっかりとした箱で、蓋の止め方も見たことがない小粋なものでした。この手の軍関係の箱は何度か扱ったことがありますが、共通点は「箱の丁番がネジでとめるものではない(もしくはネジが隠されている)}こと。

私の想像ですが、ネジの欠落は箱の機能をたちまち落としますし、どこかに行ってしまったネジはとんでもない事故に繋がりかねない・・・そんなことから、軍関係の箱についてはネジが見えないようになっているのかな、と思っています。


この箱も、その推測通りのネジが見えない仕様。一体どうやって作っているのかよくわからないのですが、開閉はスムーズで蓋もある程度開いたところで安定する使いやすさとなっております。


A6サイズ(はがき大)が余裕で入る大きさで、はがきや伝票などを沢山入れておくことが出来そうです。


素っ気ないデザインながらも、使い勝手の良い仕様の箱は、図らずもブロードアローが程よいワンポイントとなっております。


貴方の日々のお仕事に役立てて頂きたい、英国アンティークの実用的なひとしなです。



◆England

◆推定製造年代:c.1930-1940年代頃

◆素材:金属

◆サイズ:幅約23.5cm 奥行約15.2 厚み約5.5cm

◆サイズ(内寸):約22×14.1cm(開口部で計測・内部は数ミリ広いです)深さ約5.2cm

◆重量:578g

◆在庫数:1点のみ



【NOTE】

*古いお品物ですので、一部に小傷や汚れ、錆びや変色、塗装の剥げ等がみられます。

*蓋の開閉はスムーズです。蓋は画像の角度で安定して開いて止まります。

*詳細は画像にてご確認ください。

*画像の備品は付属しません。

*上記ご了承の上、お求めください。 





アイテムのご購入はショップにてどうぞ。

こちらのバナーからご来店いただけます。

Todd Lowrey Antiques

by d+A


可憐で優雅なロココの灯 / Antique Rococo Style Bronze Table Lamp with Shade

 フランスアンティーク、ロココスタイルのテーブルランプ。























インテリアのアクセントに最適な優雅なテーブルランプのご紹介です。


まず、ランプ本体は脚裏に「FRANCE」の刻印が押されたブロンズ製。支柱部分はツイストのモチーフ、ベース部分は四角錐をベースにCスクロールや小花モチーフが巧みに散りばめられており、可憐で優雅な雰囲気を演出しております。意匠の細かい部分は左右非対称となっており、18世紀フランスの宮廷から生み出されたロココ様式を感じさせます。

スイッチ部分は樹脂製であるため、おそらくこのランプ本体が作られたのは1930年代頃と推測いたします。数世紀にわたって愛され続け、そして今後もまた愛されていくであろうフランスの伝統様式をしっかりと体現しています。


ランプ本体を買い付けたのは英国のマーケットでしたが、その時はシェードはついておりませんでした。日本で専門業者に依頼して日本仕様に修理し、その際にオリジナルのスィッチは念のためコードから外しております。別の機会に手に入れた、英国のヴィンテージシェードが、雰囲気が合っておりましたので、セットしてご紹介させていただきます。


小さめながらもずっしりと重いランプは、灯せばあかかたな光で周囲を照らします。

光で更なる輝きを放つベースの凝った装飾を愉しみつつ、静かな夜をお過ごしください。




◆ランプ本体France/シェードEngland

◆推定製造年代:ランプ本体c.1930年代頃/シェードc.1950-1970年代頃

◆素材:ブロンス、布、その他

◆サイズ(シェードを取り付けた状態):高さ約33cm/シェード直径約14.3cm 

◆ランプ本体ベース部分サイズ:約11.8×11.5cm

◆重量(シェード付):約836g

◆在庫数:1点のみ(シェードつきテーブルランプ1点)




【照明に関してのご注意】

◆使用電球:口金E17(日本の一般的なねじ込み式) 消費電力40Wまで(1ソケットにつき)。電球は付属しません。

◆撮影に使用した電球はE17口金 25W ベビーボール球直径50mmです。このサイズでシェードはとまりますが、やや動きやすいです。50mm直径より少し大きいもののほうが良いかもしれません。

◆買い付け当時はソケットやコードは古いものでしたが、日本の専門業者に依頼して、安全な日本仕様の真鍮製ソケット、茶の布撚りコード(中間スィッチ・コンセントつき)にお取替えいたしました。

◆安全上、ベースについている古いスィッチは現在は通電しておりません。新設の中間スィッチでON/OFFを行ってください。

◆コードは約2mございます。

◆白熱灯を長時間点灯しておくとソケット・シェード部分は熱くなります。白熱灯色のLED電球がお勧めです。お取り扱いには十分ご注意ください。

◆ソケットにはねじ式のリングが付属しておりますので、サイズが合えばお手持ちのガラスシェード(取付口約3cm程度のもの)をセットすることも可能です。



【NOTE】

*古いお品物ですので、一部に小傷や汚れ、錆びや変色、材の傷みがみられます。

*布シェードにはわずかに汚れがみられます。点灯すると気づかない程度かと思います。画像にてご確認ください。

*発送の際はシェードは外した状態で梱包いたします。お手数ですが取付はご自身でお願いいたします。工具は必要ございません。

*平滑面に置くと少しカタつきます。気になる方は、布を敷くか、足にフェルトを貼ること等をおすすめいたします。

*画像の備品は付属しません。

*上記ご了承の上、お求めください。





アイテムのご購入はショップにてどうぞ。

こちらのバナーからご来店いただけます。




Todd Lowrey Antiques

by d+A